医療法人社団焔 おうちにかえろう病院

診療内容

おうちに帰るための治療の継続とリハビリ

以下のような方が入院し、治療を受けることができます。

①急性期病院から地域の住まいへ帰る方の治療の継続とリハビリ
・脳梗塞、誤嚥性肺炎、骨折等で急性期病院で初期の診断・加療を受けた方の転院を受け入れ、
引き続き点滴加療や嚥下訓練、リハビリを継続します。
・悪性腫瘍の方の痛みのコントロールや心疾患、呼吸器疾患の方が自宅に帰るための移行準備も行います。
・入院中に自宅に帰ってからの生活環境の調整をしっかり行います。
・自宅へ帰ることを前提として、認知症や独居の方も積極的に受け入れます。
②安心してご自宅での生活に移れるサービスの調整
・糖尿病、心不全、神経難病の方の急性増悪、高齢者の誤嚥性肺炎や尿路感染症の治療を行います。
・褥瘡や下腿潰瘍の入院での加療も行います。
・認知症やフレイルで身体機能が低下した方のリハビリ、摂食・嚥下機能の向上を集中的に行うこともできます。
・引き続き自宅で生活し続けることを目的とした一時的な入院を積極的に受け入れます。入院中に自宅の環境を整備しましょう。(レスパイト入院)
・当院のみでの入院加療の範囲には制限があります。必要な場合は近隣の急性期病院と連携を取りながら対応いたします。

対応可能な診療行為

当院で対応可能な診療行為を例示します。その他個別の項目についてはお問い合わせください。